RPAツール「WinActor」(パソコン作業の自動化)

概要・メリット

間接業務の現場で培った経験・実績に基づき、ツボを押さえたRPA導入をサポートします。

オフィスでの生産性向上に効果を発揮するPC業務の自動化ソリューションとして注目を浴びているRPA(Robotic Process Automation)。
現場の業務で有効に活用しつづけるためには、運用まで見据えて「やってはいけない」、「これだけはやっておくべき」導入のポイント(ツボ)があります。 NTTビジネスアソシエは、NTTグループのシェアードサービス会社として、経理・人事給与・福利厚生等の間接業務において、自らRPAを業務に取り入れ、試行錯誤してきた経験・実績に基づき、お客さまのRPA導入をサポートします。

効果が期待できる業務

RPAが得意とする業務

機械的な反復業務
  • ファイルダウンロード
  • 検索、置換
機械的な判断
  • データチェック
複数のシステムを跨いだ入力
  • コピー&ペースト
  • 画面切替
  • ボタン操作、クリック

活用事例

経理分野
  • 売掛未収金の入金消込チェック
  • 固定資産の各種決算数値の抽出
  • 請求発行処理
  • 経理システムへのデータ投入
  • 各種システム(連結会計システム等)から帳票ダウンロード 等
人事給与分野
  • 勤務票データの組織別抽出
  • 労働時間(時間外労働)データ抽出、帳票への転記
  • 雇用保険資格取得・喪失等の書類作成
  • 月次報告資料への転記 等

WinActorの6つの特長

主な仕様

対応OS Windows 7 SP1, Windows 8.1, Windows 10
対応ソフトウェア Microsoft Office 2007, 2010, 2013, 2016 ※Office連携時
対応ブラウザ Internet Explorer 8, 9, 10, 11 ※ひな形作成機能使用時
対応アプリ開発環境 .net Framework 3.5, 4.0, 4.5
推奨CPU Intel Pentium4 2.5GHz 相当以上
ハードディスク 空き容量 500MB以上
メモリ 2GB以上
ディスプレイ 1024×768以上

※上記はversion v4.2.0の仕様です

  • 「WinActor」は、日本国内におけるエヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。
  • 「Windows」、「Microsoft」、「Internet Explorer」、「.net Framework」、「Excel」、「Access」、「Word」、「Outlook」は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • 「Intel」は、米国およびその他の国におけるIntel Corporationの商標です。